« 2018年3月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

終演

終演
無事に終演しました。

ナラボートの望月さんとツーショットの写真を撮っていただきました。

マエストロや他の歌手の皆さんと打ち上げに行き写真を撮りましたが、その写真はまた後ほどアップします!

明日は10時にチェックアウトして、空港に向かいます。ほぼ1週間ぶりの東京に帰ります!

2018年6月23日 (土)

とうとう本番

とうとう本番
本日20時いよいよコンサートです。

サロメ役のBirkmanさんは今朝一緒に朝ごはんを食べてたくさんお話をしました。明るくて可愛らしくて、とっても素敵なソプラノです。

せっかく中国にいる時に1度は本場の麺をいただきたいと思って、今日はお昼ご飯にデパートのフードコート風のお店でひき肉とパクチーなどが乗っている拉麺を頂いてきました。結構辛かったけど、たいへん美味でした(╹◡╹)

2018年6月21日 (木)

上海交響楽団

出演者紹介の言葉が面白いですね。

中国語。漢字は意味がわかるものがたくさんありますが、「日本ではその時を使わない」と言うものも多くあり、看板や標識を見るだけでも大変面白いことがあります。

あしたの朝11時からゲネプロです!




http://www.shsymphony.com/item-index-id-889.html

2018年6月20日 (水)

串焼き屋さん

串焼き屋さん
そうそう、稽古のあとは一部のメンバーで串焼き屋さんに繰り出しました。きょうは上海風ではなかったけど、美味しかったですよ!

ユダヤ人

ユダヤ人
今日はユダヤ人達も合流して大きなアンサンブルの稽古もしました。

デュトワさんはオーケストラの音程の不確かなところを取り上げてしばらく練習したあとに「ハーモニーはインテリジェンスをもって演奏しなくちゃいけない。自分勝手に弾いてちゃダメなんだよ」とおっしゃってました。音程だけではなくて、音量のバランスのことも仰ってたし、大事な不協和音もなんども取り上げて練習なさってました。

表情が豊かで求めている表現が直ちに伝わるので、一流の方は本当に素晴らしいなと感心するばかりです。

オケ合わせ

オケ合わせ
綺麗なホールです。

マエストロ・デュトワ素晴らしいです。

サロメのBarkminさんとナラボートの望月さんが歌っています。

上海

上海
上海
上海
突然ですが、いま上海に来ています。上海交響楽団の『サロメ』コンサート形式で、ヘロディアスの小姓と奴隷を歌います。

中国では日本で使えるSNSで使えないものが多く(方法はあったようなのですが知らなかったので)ツイッターなどで告知できないので、こちらで!

サロメさん、ヘロディアスさん、有名な方のようで大変お上手です。明日からのオケ合わせも楽しみです!

2018年6月 4日 (月)

ジャパン・アーツ(Japan Arts)さんのツイート

ツイートも!


ジャパン・アーツ(Japan Arts) (@japan_arts)
6/12プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 日本公演 演奏会形式「イオランタ」で、ブリギッタ役の鷲尾麻衣さん、ラウラ役の田村由貴絵さんから動画のメッセージを頂きました!japanarts.co.jp/concert/concer… pic.twitter.com/w5R3IkwK2M

Twitterアプリをダウンロード

オペラ『イオランタ』

次回はこちらの公演に出演いたします。
ヒロインの王女イオランタのお友達というような役回りです。

ロシア語のオペラに出演するのは3作目ですが、ロシア語の発音には少しずつ慣れてきました。そうは言っても、ロシア語はとても難しいですね!

『イオランタ』というオペラは日本ではあまり有名ではありませんが、とても美しいメロディにあふれたオペラです。

まず出演者の中に悪人はひとりもおらず、誰も死んだり不幸になったりしません(笑)かといって喜劇でもありません。

王女イオランタは生まれつき目が見えませんでしたが、不憫に思った父のレネ王は、彼女が不幸な思いをしないように、「光」という概念を教えないように細心の注意を払い、そして王女という身分も隠し、人知れぬ田舎でひっそりと育てていました。

そんな深窓の令嬢が、ある偶然によってひとりの騎士に出会います。騎士の話す言葉から、王女は世界に「光」というものが存在することを知り、医者のアドバイスに従いながら、愛の力によってついに視力を得るようになるという物語なのです。

創世記の初めに「光あれ」という言葉があるように、神様の最初の恵みであった「光」を褒め称えながら歌われる旋律と二重唱はとても美しく、多くの方に出会って欲しいと願うオペラです。

平日の夜公演ではありますが、たくさんのお客様にお越しいただけると嬉しいです!




« 2018年3月 | トップページ | 2018年10月 »