« 終演 | トップページ | 県民音楽の広場『第九』 »

2018年10月13日 (土)

マタイ受難曲

バッハの『マタイ受難曲』夢の『マタイ受難曲』をついに歌える日がやってまいりました。

東京藝術大学に在学中、バッハ・カンタータ・クラブに所属して、毎週金曜日に大学の第2ホールでバッハの作品を練習、勉強していました。学生時代ヨハン・ゼバスチャン・バッハは特別な存在で、心から愛する特別な作曲家でした。

バッハの作品の中でも『マタイ受難曲』は大曲で特別な作品です。アリアはレッスンもたくさん受けたし、学内演奏会など、いろんな機会で取り上げてきました。

バッハ・コレギウム・ジャパンの公演にたくさん参加していた頃は、合唱を繰り返し歌いましたので、とくに第1部の合唱は暗譜してしまっているところもたくさんあるほど身近な作品です。

それでも全曲でソリストを務めるのはこれが初めてなのです!この素晴らしい、美しく力強い作品でとうとうソロを歌える日がやってまいりました。今日のリハーサルでは、この作品を歌える幸せを噛み締めつつ、技術的な難しさも多く感じながら、楽しんでまいりました。

いまある声と心を尽くして演奏したいと思います。

でもあー。バッハって本当に素晴らしいですね‼︎ 明日は楽しんで頑張ります!





« 終演 | トップページ | 県民音楽の広場『第九』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マタイ受難曲:

« 終演 | トップページ | 県民音楽の広場『第九』 »